クレジットカードは誰でも持てますか?

3月 19th, 2014

クレジットカードを持っている人が多くなってきていますが、一体どんな人がカードを持つことが出来るのでしょうか?
ただ確実に言えるのは、未成年者は無理だという事ですよね。
20歳以上で安定した収入を得ている人だったら、どなたでもカードを持つことが出来るので条件を満たしていて悩んでいる人は、ぜひこの機会に一枚持っておきませんか?
条件を満たしているのなら、アルバイトでもパートでも持つことが出来ますよ!


クレジットカードの審査について教えて

クレジットカードを発行してもらうには、まず審査を通過しなければいけません。
クレジットカード審査では、年齢や住所・勤務先などについてチェックされますので、覚えておいてもらえたら嬉しいです。
ちなみによく聞く信用情報とは、お金に関する情報が記載されている物なので、すでに他社から借入をしていることなども知られてしまいますから気を付けるようにして下さいね。


正しく利用して下さい

クレジットカードは、現金の代わりになる便利なものですが、あまりにも頻繁に使ってしまうと返済する時に困ってしまいます。
確かに提示するだけでお会計を済ませることが出来るのは嬉しいですが、危険な面も持ち合わせていますのでご注意を。
自分が無理なく後から払える金額を利用するようにして下さいね。
クレジットカードの保管にも、充分気を付けるように。

クレジットカードの防犯上のメリット

4月 11th, 2014

クレジットカードは現金がないときに利用して支払いを後回しにするメリットもありますが、この「キャッシュレス」は便利であると同時に「現金を持ち歩かないことの防犯上のメリット」があります。


<現金は出てこないが、カードは停止することが出来る>

現金を落としたとしたら、まず今のご時世、出てこないと考えて方がいいでしょう。スリにあったりした場合にも、ほとんど犯人は捕まることがありません。しかしクレジットカードを落とした場合には不正利用を防止するために、電話一本でカードの使用を停止することが出来ます。スリにあった時も同じです。またタイムラグがあって不正利用されてしまった時でも、保険が付いているクレジットカードでれば、不正利用に関する支払いを行う必要はありません。使われると、犯人の特定が容易にできる可能性もあります。


<加盟店の防犯上のメリット>

現金で支払いを受けていると、その日の最後には、かなりの金額がレジに集まっていることになります。これを夜間金庫などにいれにいく、もしくは責任者が持って帰るなどによって保管しますが、そこで強盗に襲われたりする事件が多いのは、周知のことです。カードでの支払いが多ければ、現金をそれだけ扱わなくて済みます。またつり銭も大量に用意する必要がなくなります

クレジットカードのインターネット会員サービス

2月 13th, 2014

クレジットカードでは高額の買い物をしたときのために、分割支払いというものが利用できます。2回までは手数料もかからず、3回目以降、金利に応じた手数料がかかるという仕組みです。現在、この支払いはカードを利用した後でも変更できるものが多いそうです。


クレジットカードはネット会員で便利に

クレジットカードではインターネットに自分で住所などを登録し、自分で管理することが容易になってきています。レシートなどを管理していると、お財布も直ぐにごちゃごちゃになってしまいますよね。そこで便利なのが、インターネット上で管理できるネット会員サービスです。レジでカード決済をした後でも、支払い回数の変更ができる、引っ越しなどの手続きも非常に楽になります。


毎月の支払い確認がどこでもできる

クレジットカードでよくあるのが、うっかりカードの引き落としを忘れていたというものです。またクレカは利用した時点でカード会社にも情報はいきますが、利用したお店から請求の伝票が会社に届かない限り、引き落としは行われません。そのため、年末年始などは支払い月がずれてしまう可能性もあります。ネット会員であれば、明細が届く前に値段も確認できるので、入金忘れなども防ぐことができます。

クレジットカードと総量規制

1月 8th, 2014

クレジットカードの申し込みにおいて当てはまるだけで他のステータスがどれほど優れていても審査に落ちるようになってしまう条件というものが少なからず存在しています。一つは過去に何らかの滞納や未納といった金銭関係の事故があり信用機関に記録が残っている場合、そしてもう一つは総量規制と呼ばれる貸金業法に引っかかっている場合です。


総量規制の仕組み

この総量規制法とは「年収の1/3を超える金額」を制限する法律の事を指します。例えば年収が300万円で、現在A社から50万円、B社から30万円、C社から20万円借入がある人は、総借入額が年収300万の1/3に相当する100万ある計算になる為総量規制法に抵触しています。このような状況下では既に契約状態にある会社から新たな借入が出来ないのは勿論、新規で会社と契約を結ぶ事もままなりません。


クレジットカードと総量規制の関係

では総量規制法とクレジットカードはどのような関係があるかと言うと、クレジットカードにはショッピングの他にキャッシングと呼ばれる「現金を借りられる」機能が備わっているあるいは備える事ができます。その為クレジットカードの申し込みは総量規制による影響を受ける形となっています。逆にキャッシング機能が元々備わらないクレジットカードなら実は申し込む事が可能ですし、キャッシングとクレジットの信用機関は異なるケースもある為審査に通る可能性があります。しかしいずれにせよ総量規制に抵触している事は審査が不利になる要素だと言えます。

将来クレジットカード審査難民にならない為に

1月 8th, 2014

クレジットカードの審査は当然条件が良いタイミングで申し込めば審査に受かるのは容易ですし、逆に条件が悪いタイミングで申し込めば審査に落ちてしまう事になります。例えば転職してすぐの申し込みは勤続年数がリセットされた状態なので例え年収があがっていたとしてもタイミングとしては悪いと言えます。ただ将来的にクレジットカードを持ちたいと思っている方はある方法で極力クレジットカードの審査難民になる事を避ける事ができます。


学生や若者向けのクレジットカード

その方法とは若いうちに学生カードやヤング層向けのクレジットカードを作っておく事です。例えば通常のクレジットカードだと審査通過が困難な場合でも「学生」や「若年層」を対象としたカードはクレジットヒストリーと呼ばれる利用実績や勤続年数といった項目が重視されない傾向にあり比較的に審査が楽です。ましてや就活氷河期再来と呼ばれるこの時代、就職先が見つからないまま卒業してしまうより学生の間のほうがクレジットは楽に作れる事も。


学生カードから一般カードにランクアップ

またこれらの学生カードや若年層向けカードは使い続けて自分がカードの対象年齢を超えた場合自動的に一般カードにランクアップされる傾向にあります。また若いうちからカードを持っておく事で早い段階からクレジットヒストリーを積む事も可能な為、もし学生の間カードの利用に問題が無かった場合普通に申し込みを行なうより楽に一般のカードを、それもある程度利用可能額が高い状態で持つ事が可能です。

クレジット審査の心構え

1月 7th, 2014

クレジットカードの審査では自分から自分の信用を下げるような事は極力避ける事が重要です。クレジットという言葉には「信用」の意味があり、クレジットカードの代金支払い先延ばしは会社と利用者の間に「確実に返済します」という信用があってこそ成り立つものである事、また持っている事で金銭面において真っ当であるといった社会的信用の証になる事などが由来とされています。このような事からクレジットの審査ではあなたが信用に足る人間かどうかが審査されているといっても過言ではありません。


クレジットカードの申し込みは誠実に

クレジットの審査においてあなたの信用が最も著しく失われる行為、それは申し込み内容に嘘の記載をする事です。審査の際にあなたの情報は信用機関に問い合わされる他、審査ではあなたの記入内容が正しいものか必ず確認がなされます。その際にもしあなたが嘘を書いた事が発覚すればもし正直に書いていれば受かっていた審査も落ちてしまいます。またもし本位ではなくても、申し込み内容に誤字やミスがあった場合も「大事な申し込みで誤字がある」事から信用が失墜する原因となります。逆に正確で親切な内容で申し込めている事や必要書類を漏れなく揃えられている事は審査においてプラスまではいかなくても好印象を与えます。

すぐできるクレジットカード審査対策

1月 7th, 2014

昨今クレジットカードの審査はその大半がコンピューターの手によって行なわれています。この審査はその手法から「スコアリング」と呼ばれており、申し込み用紙やフォームの記入内容に点数をつけていきその合計が審査合格点に到達しているかで合否を判定するものです。このスコアリングで採点される項目は例えば年収や勤続年数、家族構成や雇用形態など様々ですが年収や勤続年数といった内容はそう簡単に改善できるものではありません。では合計点を引き伸ばす為にすぐできる施策とはどのようなものがあるでしょうか。


クレジットカードと在宅状況

クレジットカードの審査で比較的にすぐ改善できる項目の一つに在宅状況があります。一般的にスコアリングにおいてはまず「借家」より「持ち家」のほうが高い点数が付くとされています。これは持ち家の方が信販会社の最も恐れている夜逃げや未払いのリスクが少ないからです。ただ実際に引っ越すとなるとそれだけで費用が嵩む為、例えば一時的に両親が健在なら形だけでも両親の実家に住まわせてもらうといった手段が有効です。


携帯電話より固定電話がいい

またクレジットカードの審査には確実に連絡が取れる連絡先が必要となりますが、その際の連絡先は携帯電話より固定電話のほうが高い点数になるといいます。こちらも理由は前述と同じで、固定電話は携帯電話より夜逃げのリスクが少なく、またちゃんと住居がある証明にもなるからです。こちらも複数ある審査項目の中では比較的容易に改善できる項目だと言えます。

クレジットカード審査は最初が肝心

1月 7th, 2014

クレジットカードの審査結果について調べていると「然程苦労しなかった」という人達と「何度受けても通らない」という人達の二極化を垣間見る事ができます。これはまず大前提としてクレジットカードの審査は場所によって多少の難易度差はあるもののその根幹となる部分は同じという理由があります。例えば金融機関から4社を超える借入がある方や利用する事の出来る連絡先の無い方はどのようなクレジット会社を何回受けても審査に通過するのは困難です。ただ気をつけなくてはいけないのは前述の理由以外にクレジットの審査には落ちれば落ちるほど審査に通り辛くなるという性質がある事です。


クレジットカード審査と信用情報

これはクレジットカード審査に伴う信用機関への照会に起因するものだと言われています。クレジットの審査では必ずあなたが過去に金銭トラブルや事故が無かったのかを信用機関に問い合わせます。しかし信用機関にはそういった金銭事故以外にクレジット審査に落ちた記録などが残されています。その為審査に落ちた記録が照会されれば最悪「過去にA社が落としているのだから」とまともに審査してもらえない可能性すらあります。何故なら前述の通り審査の根幹のなる部分は概ね一緒だからです。またそういった審査に落ちた記録が多ければ多いほど真っ当な審査は望めなくなります。その為闇雲にクレジットカードの審査は申し込むのではなく、きちんと狙いを定めて申し込む事が重要となります。

クレジットカードを初めて利用する方へ

1月 6th, 2014

現在では多くの方々がクレジットカードをお持ちだと思いますが、初めての方はまだ使い慣れていないかと思います。
また、持っているだけで使用はしていないという方もいらっしゃるのではないかと思います。
ですが、クレジットカードはいざという時にとても便利で頼もしいので知っておくと良いです。
持っているだけではなく、時に試して一度だけ利用してみるのもいいかもしれません。


クレジットカードは広く使う事が出来る!

このカードは、多くの場所で使うことが出来ます。
何かを買う時にも使用できますし、ホテルやレストランでも使うことが出来ますのでとても便利で助かります。
クレジットカード一枚で色々楽しむことが出来ますので過度に使用しなければ安心してお使い出来るものです。
今ではアルバイトの方や主婦の方でも持つことが出来るので、ぜひ一度無理に無い範囲内で試してみて下さい。


使う際には注意して!

いくら便利だからと言って使いすぎるのは良くありません。
現金をきちんと持っているときはそれで支払いをして、本当に困ってしまった時にだけ使うのが理想的です。
ご自分の無理の無い範囲内で計画的にお使いしていただければと思います。
過度に使いすぎてしまうと返済するのが大変になってしまいますので、余裕をもって返済するようにして下さいね。